展示図録・解説書

販売中の図録・解説書

フィールドガイド
埼玉の自然誌~埼玉の自然を見る・感じる~
(A5  144P)

¥ 700 ※税込・送料別

目次

第1章 地質
  埼玉県の地史 大洋・大陸の時代
   1 奥秩父をめぐる
   2 二子山周辺をめぐる
   3 盆地南縁の秩父帯を訪ねる
   4 日野沢にメランジュを訪ねる
   5 結晶片岩が広がる名勝 長瀞
   6 「青石」の里をめぐる
  古秩父湾の時代
   7 古秩父湾をめぐる
   8 荒川中流域をめぐる
   9 吉見丘陵に百穴を訪ねる
  列島の時代
   10 中津峡周辺の地質と植生
   11 入間川中流域をめぐる
   12 秩父盆地の地形を訪ねる
   13 熊谷扇状地を訪ねる
   14 低地の地形をめぐる
第2章 生物
  埼玉県の生物相/気候と植生帯 低地の自然
   1 サクラソウとミドリシジミのふるさと
   2 低地の原風景をめぐる
   3 荒川の中流 大麻生の河川敷と動植物
   台地の自然
   4 三富新田の開拓風景と雑木林
   5 妙音沢の湧水と平林寺境内林
  丘陵の自然
   6 加治丘陵の自然を訪ねる
   7 物見山の眺望とアカマツ林
   8 ミヤコタナゴと谷津を訪ねる
  山地の自然
   9 越生・諸山の常緑林
   10  奥武蔵の巨樹と外秩父山地の自然
   11  蓑山に里山の原風景の面影を辿る
   12  カエデやブナが彩る三峯神社奥宮への道
  亜高山の自然   
   13  奥秩父の原生林を訪ねる

内容

 首都圏に位置する埼玉県は、西に関東山地、東に関東平野を配し、山地・盆地・丘陵・台地・低地と変化に富んだ地形をしています。そして、そこには天然記念物をはじめとした多くの貴重な自然遺産があります。埼玉県の大きな魅力は、発達した交通網を利用して、気軽に自然観察に出かけられることです。 
 本誌では、実際に現地を訪れて、地域の自然の成り立ちや仕組み、人と自然の関わりについて学ぶことができる観察コースを紹介しています。地質分野14コース、生物分野13コースを厳選しました。コースごとに観察テーマを設定しており、分野の枠を超えてそれぞれの地域における自然の特徴を肌で感じられるように作成しています。皆様が自然観察に出かけて埼玉の豊かな自然と触れ合うきっかけとして本誌を御活用いただければ幸いです。

中身(一部)

下の画像をクリックすると、拡大して表示できます。

 

 

購入方法

  1. 博物館に来館し、受付で購入
  2. FAX又はメール注文
    (FAX又はメール注文について、詳しくはこちらのページをご覧ください。)・・・リンク先下段「購入方法」をご覧ください。