破風山(はふさん)の岩塊斜面(秩父市大滝) 列島の時代

 

【アクセス等】

毛木平(長野県川上村)や西沢渓谷(山梨県山梨市三富川浦)

から甲武信小屋を目指し、1泊してアクセスする。

甲武信小屋からは約2時間。登山経験者、健脚向き。

東破風山山頂

甲武信ヶ岳や破風山の周辺では、約900万年前ごろにマグマが上昇してできた花崗岩類を見ることができます。巨礫からなる岩塊斜面は、寒冷な時代の凍結・破砕の作用でできたと考えられています。火成岩と氷期の痕跡を観察できる県内では貴重な場所です。