組織と職員

組織

館長・副館長

館  長 橋本 強(はしもと つよし) 行政

皆さん、こんにちは。片道2時間、長瀞の四季折々の景色を楽しみながら通っています。
大人から子供までゆっくりとお楽しみいただき、また行ってみたいと思っていただけるような
博物館を目指してまいります。皆様のご来館を心よりお待ちしております。

副館長 飯村 光良(いいむら みつよし) 行政

本年度4月から自然の博物館に勤務しております。
当館は長瀞の美しい自然に囲まれた「自然」をご紹介する博物館です。
ぜひ、ご観覧のうえ、「自然」のもつ面白さを発見していただければ幸いです。

副館長(兼)主席学芸主幹(川の博物館駐在)
西口 由子(にしぐち ゆうこ) 専門:日本美術史

畑違いの博物館で戸惑っていますが、自然分野を専門とする学芸員に教わりながら、少しずつ慣れ、勉強してまいります。

総務担当

担当課長 丸岡 康弘(まるおか やすひろ) 行政

自然の博物館で、埼玉の自然を楽しく学んでいただくとともに長瀞を満喫してください。

主  任 松岡 敬弘(まつおか たかひろ) 行政

本年度4月から自然の博物館に勤務しております。
長瀞にいらした際には、是非岩畳とセットで自然の博物館にも立ち寄っていただければ幸いです。
主に総務担当の仕事をしています。

主  事 八子 拓弥(やこ たくみ) 行政

自然の博物館へ本年度4月から勤務となりました。 自然の魅力を見て、触れて、楽しみながら学んでいただければと思います。

企画・広報、自然担当

主席学芸主幹(企画・広報、自然担当のとりまとめ) 
君島 勝秀(きみじま かつひで) 専門:考古学

自然の博物館に勤務して今年で2年目になります。
自然豊かな環境のなかで自然のことをゆったりと学べる
空間を提供できる博物館をめざします。

企画・広報担当

担当課長 飯島 俊(いいじま しゅん) 行政

迫力のメガロドン復元模型やパレオパラドキシア骨格化石をはじめ、秩父地域の地質や貴重な鉱物、埼玉県の動植物など、幅広い展示で皆さんをお待ちしています。
博物館の周りにも、豊かな自然や見どころスポット、美味しいものが盛りだくさん!
館内でお会いできたら、皆さんが感じた自然博の魅力、長瀞のとっておき、ぜひ教えてください!

担当課長 横田 淳(よこた あつし) 理科教育

今年度より自然の博物館での勤務になりました横田です。学校や先生方と博物館の連携を深められるように、
情報発信や行事等の調整を全力でさせていただきます。よろしくお願いいたします!

主  任 秋元 清二(あきもと せいじ) 行政

主に広報関係の仕事をしています。
自然の博物館の魅力を知っていただけるよう、たくさんの情報を発信していきたいと思います。

自然担当

担当課長 曽根崎 猛史(そねざき たけし) 専門:昆虫学

社会性昆虫、とくにミツバチやアリを研究しています。
昆虫を中心とする自然界の関わりに興味があります。

主任学芸員 井上 素子(いのうえ もとこ) 専門:自然地理学(地形学)

自然のしくみをしれば、もっと安全に、もっと豊かに、もっと効率よく暮らせるはず。
大地と暮らしとの切っても切れない深~い関係を、
みなさまに分かりやすく紹介していきたいと思っています。

主任学芸員 小林 まさ代(こばやし まさよ) 専門:岩石学 鉱物学

「地学っておもしろいなあ・・・」と思って一生懸命勉強していたら、博物館でお仕事をすることになっていました。今は学校で地学を勉強できる機会が少なく、もの足りなく思っている石好き・化石好きの子もたくさんいるかと思います。そんな子たちの好奇心に応えるべく、博物館でお待ちしています。ちなみに、一番好きな石は蛇紋岩です(マニアック?)

学芸員 木山 加奈子(きやま かなこ) 専門:植物学・森林科学

植物全般に興味がありますが、特に地衣類やコケ、小さなお花など、
よく見ると素敵!かわいい!というものに惹かれます。
ルーペで覗く自然には、ひと味違う魅力がありますよ~

学芸員 半田 宏伸(はんだ ひろのぶ) 専門:昆虫学

動物分野の担当です。専門はハチの仲間、特にセイボウ上科というグループの分布や寄生戦略について調査・研究しています。
セイボウ上科は、宝石のように美しい「セイボウ」や、はさみのような前脚をもつ「カマバチ」などユニークな姿をした種類が多くみられる面白いグループです。
また、その他のハチについても県内で分布調査を行っています。

学芸員 山岡 勇太(やまおか ゆうた) 専門:層位古生物学(軟体動物化石)

貝やカニなど、背骨を持たない生物(無脊椎動物)の化石を調べています。
海なし県の埼玉にも、過去には海が広がっていました。その証拠に、当時の海に暮らした生き物の化石が、県内のいたるところでみつかっています。
そんな化石たちが語る大昔の埼玉を、皆様にわかりやすく紹介していきます。よろしくお願いいたします。

学芸員 三上 忠仁(みかみ ただし) 専門:維管束植物

植物が専門の学芸員です。埼玉県全体を歩き回って、希少植物・外来植物の調査を行っています。山から湿地の沼まで、 北は上里~南は入間まで、西は甲武信岳・三国尾根~東は江戸川河川敷まで、いたるところに出没しています。

会計年度任用職員 等々力 政彦(とどりき まさひこ)

植物担当です。高山植物と寒冷地地形を偏愛しています。地質を中心とした自然に興味のある一般の人々に向けての博物館であると同時に、秩父の博物館として、地域のつながりも広げてゆきたいと考えています。

環境担当

(環境担当は川の博物館(寄居町)駐在です)

学芸員 須田 大樹(すだ だいき)  専門:森林生態学

植物を担当しています。小さな草の生きざまから、大きな森の仕組みまで、自然の奥深さに興味津々!一緒に野山を歩きませんか~

学芸員 奥村 みほ子(おくむら みほこ)  専門:脊椎動物

専門は野ネズミの生態で、特にアカネズミとヒメネズミです。
他にもヤマネやムササビ、モモンガ、タヌキなどなど哺乳類に注目しています。
もし、野生の動物、特に哺乳類を見かけた場合は、御一報ください。
いつもは姉妹館の川の博物館におります。是非、川の博物館にもおいでください。