組織と職員

組織

館長・副館長

館長 田沼 康雄(たぬま やすお) 行政

当館には、埼玉の自然を詰め込んでいます。四季折々の長瀞の豊かな自然とともにお楽しみください。
大迫力の「カルカロドン メガロドン」とともに、皆様のご来館をお待ちしております。

副館長 新井 祐司(あらい ゆうじ) 行政

ようこそ、長瀞へ!!
当館は長瀞の美しい自然に囲まれた「自然」をご紹介する博物館です。
ぜひ、ご観覧のうえ、「自然」のもつ面白さを発見していただければ幸いです。

副館長(兼)主席学芸主幹(川の博物館駐在)
西口 由子(にしぐち ゆうこ) 専門:日本美術史

専門違いの博物館勤務で、自然分野の学芸員の発想には驚くばかりです。
少しでも自然の魅力をお伝えできるよう努めてまいります。

総務担当

担当課長 菊池 拓真(きくち たくま) 行政

長瀞観光の際には、ぜひ自然の博物館へお立ち寄りください。貴重な資料とともにお待ちしております。

主任 松岡 敬弘(まつおか たかひろ) 行政

長瀞にいらした際には、是非岩畳とセットで自然の博物館にも立ち寄っていただければ幸いです。
主に総務担当の仕事をしています。

主事 光山 馨心(こうやま けいご) 行政

今年度より新卒で当館に着任しました。主に総務を担当しています。
当館にはここでしか体験できないたくさんの魅力があります。
館内で皆様にお会いする機会も多いと思うので、その際には当館の魅力を存分にお伝えできるよう頑張ります。
よろしくお願いいたします。

企画・広報、自然担当

主席学芸主幹(企画・広報、自然担当のとりまとめ) 
岩田 明広(いわた あきひろ) 専門:考古学

秩父・長瀞の美しい自然と、そこに住む人々が織り成してきた永い歴史の流れを
展示やイベントを通じて楽しんでいただけるよう一生懸命取り組んでいきたいと思います。

企画・広報担当

担当部長 加藤 浩一(かとう こういち) 行政

長瀞・岩畳で自然の造形を楽しんだら、自然の博物館にも是非お越しください。
岩畳はもちろん、埼玉の自然のマメ知識をたくさん用意してお待ちしています。

担当課長 横田 淳(よこた あつし) 理科教育

団体利用を担当しています。
私のオススメは当館の展示や周辺の自然からホンモノを味わうことです。
画像や動画からは感じられないホンモノのよさをぜひ体感してみてください。

主事 丸山 要(まるやま かなめ) 行政

皆様に当館の魅力をお伝えできるよう頑張ります。
博物館で埼玉の自然について楽しく学び、長瀞で実際に自然に触れてみてください。

自然担当

学芸主幹 井上 素子(いのうえ もとこ) 専門:自然地理学(地形学)

自然のしくみをしれば、もっと安全に、もっと豊かに、もっと効率よく暮らせるはず。
大地と暮らしとの切っても切れない深~い関係を、
みなさまに分かりやすく紹介していきたいと思っています。

主任学芸員 小林 まさ代(こばやし まさよ) 専門:岩石学、鉱物学

「地学っておもしろいなあ・・・」と思って一生懸命勉強していたら、博物館でお仕事をすることになっていました。今は学校で地学を勉強できる機会が少なく、もの足りなく思っている石好き・化石好きの子もたくさんいるかと思います。そんな子たちの好奇心に応えるべく、博物館でお待ちしています。ちなみに、一番好きな石は蛇紋岩です(マニアック?)

学芸員 木山 加奈子(きやま かなこ) 専門:植物学、森林科学

植物全般に興味がありますが、特に地衣類やコケ、小さなお花など、
よく見ると素敵!かわいい!というものに惹かれます。
ルーペで覗く自然には、ひと味違う魅力がありますよ~

学芸員 山岡 勇太(やまおか ゆうた) 専門:層位古生物学(軟体動物化石)

貝やカニなど、背骨を持たない生物(無脊椎動物)の化石を調べています。
海なし県の埼玉にも、過去には海が広がっていました。その証拠に、当時の海に暮らした生き物の化石が、県内のいたるところでみつかっています。
そんな化石たちが語る大昔の埼玉を、皆様にわかりやすく紹介していきます。よろしくお願いいたします。

学芸員 半田 宏伸(はんだ ひろのぶ) 専門:昆虫学

無脊椎動物分野の担当です。専門はハチ類、特にセイボウ上科というグループの分布や寄生戦略について調査・研究しています。
セイボウ上科のハチ類には、美しい金属光沢をもつ「セイボウ」や、マジックハンドのような前脚をもつ「カマバチ」などユニークな姿をした種類が多くみられる面白いグループです。
その他にも昆虫標本の作製技術や高精細な標本の撮影にも興味があります。

学芸員 本多 里奈(ほんだ りな) 専門:鳥類学、行動生態学

脊椎動物分野担当です。中でも、鳥類、特に水辺にいる首のながーい大きな鳥 (ウ類・サギ類)が専門です。
春夏秋冬季節を 感じながら目で耳で(時には手、鼻、口でも) 楽しめるのが鳥の良いところです。
一緒に 五感をフル稼働していきましょう~。

学芸員 高橋 美織(たかはし みおり) 専門:岩石学

地質担当です。一番得意な岩石は、見た目がワカメオニギリのような閃緑岩です。
博物館や岩石の魅力を紹介できたらと思っております。よろしくお願いいたします。

環境担当

(環境担当は川の博物館(寄居町)駐在です)

主任学芸員 奥村 みほ子(おくむら みほこ)  専門:脊椎動物

ヤマネやムササビ、モモンガ、タヌキなどなど哺乳類に注目しています。
もし、野生の、特に哺乳類を見かけた場合は、御一報ください。

いつもは姉妹館の川の博物館におります。是非、川の博物館にもおいでください。

主任学芸員 北川 博道(きたがわ ひろみち)  専門:古脊椎動物学

ナウマンゾウやマンモス、そしてパレオパラドキシアなどの脊椎動物化石の観察から、化石生物の生態や日本の動物相の成り立ちを調べています。
埼玉県は日本有数の脊椎動物化石の宝庫。多種多様な大型脊椎動物化石がみつかっています。
川に不思議な形をした石があったら教えてください!